awsの運用におけるdockerの重要性

awsを運用するにあたってdockerを利用した方が良いのではないかと考えた方もいるでしょう。dockerを利用してawsの使用を開始している事例は多いですが、どのくらいの重要性があるのでしょうか。この記事ではdockerの特徴を簡単に解説した上で、awsの運用をする際に利用する意義や運用を始めるときの注意点についてわかりやすく紹介します。

「awsの運用で知っておくべきキーペアとは」

dockerとは何か

dockerとはawsで簡単に実装できるコンテナサービスの一つです。dockerは世界的に利用されているコンテナサービスで、コンテナと呼ばれるアプリケーションが一通りセットされた環境を構築できるのが特徴です。

OSからは切り離された実行環境になるのがコンテナの魅力として知られています。コンテナを実装すれば複数のサーバーで同じアプリケーションのセットをまとめて利用できるようにすることが可能です。また、複数のサーバー上で動作しているのではなく、コンテナを構築したサーバー上で全てのアプリケーションが動作しているような印象を受けられます。

dockerでは厳密に言えばdockerイメージというテンプレート部分を作成し、dockerイメージからアプリケーションの実行環境としてコンテナを作成します。そして、dockerイメージとコンテナを管理するサーバーを用意して管理するのが基本です。

この他にdockerの運用にはユーザーがdockerを操作するためのdockerクライアントと、dockerイメージを公開するためのレジストリが必要になります。このようにdocker環境を整えることで、dockerクライアントで設定したコードに基づいてスピーディーにアプリケーションのデプロイをしたり、自動化を実施したりすることが可能です。

また、dockerサーバーを起点としてスクラップやビルドができ、構築された環境はあらゆるサーバーにデプロイして同じ環境を生み出せる特徴があります。このようなコンテナサービスにはdocker以外にもいくつかの種類があります。

awsではdockerの実装をしやすいようにサービスを整えているため、コンテナを使ってサーバーの運用をしていくときにはdockerがよく選ばれているのが現状です。しかし、他のコンテナサービスと比較して自社にはdocker以外の方が良いという判断になる場合もあるため、個々のサービスの特徴を比較して検討をおこなってから導入を決めるのがより良いでしょう。

awsにおけるdockerの重要性

awsの運用をするときにはdockerが重要かどうかがサーバーの利用の仕方によって大きく異なります。複数のアプリケーションを動作させる環境が複数必要になる場合にはdockerのようなコンテナサービスを使うとスムーズに複製が可能です。

そのため、aws上でユーザーに対して同じシステムを提供するサービスを展開する場合にはdockerが非常に重要になります。しかし、単一のサーバー上で業務システムを動かし、拠点も一つしかないから複数の運用環境を用意する必要はないという場合もあります。

このような現場ではawsの運用でdockerを利用する重要性はあまり高くありません。ただ、今までのサーバーの運用状況や、今後のサーバーの運用予定によってはawsの利用を開始する前にdockerを使い始めた方が良い可能性があります。

この点についても理解しておくとサーバーを効率的に運用できるようになるでしょう。

dockerの重要性はサーバーの運用状況によって変わる

dockerは同じアプリケーションのセットが入っている動作環境を複数構築するのに適しています。今まで自社サーバーやaws以外のクラウドサーバーを利用していて、awsを追加して運用したい、あるいはawsに乗り換えたいという場合もあるでしょう。

このようなシーンでは既存のサーバー上にあるアプリケーションをコンテナにいてしまい、新しいaws上のサーバーにデプロイするとほぼ完全な形で環境を複製できます。dockerを利用することで環境の移行が容易になるのです。

「より良い形でawsのログを運用するポイント」

dockerの重要性は今後のサーバーの利用予定によって変わる

dockerはサーバーを移行する場合だけでなく、今後の運用上、拡張が必要になる可能性が高い場合にも役に立ちます。awsは拡張性が高いクラウドサーバーサービスなのが特色の一つです。今後、拠点が増える予定があるからサーバーを拡張しやすいようにawsを選んだというケースもあるでしょう。

システム開発も進めていき、クラウドシステムをユーザーに提供したいと考えている場合もあるかもしれません。このような展開を予定している場合には、一連のアプリケーションを実装した環境を複製してすぐに運用できるようにしたいというニーズが上がる可能性が高いでしょう。

そのため、dockerを利用して環境を構築しておき、aws上で運用するという形を整えるとスムーズに将来対応ができます。

dockerは運用代行に依頼できるのか

dockerを利用下ことがないとdockerイメージからコンテナを構築し、どのようにdockerクライアントを作り上げると効率的な運用ができるのかがわからずに悩みがちです。awsの運用ではサーバー監視などの各種対応を運用代行会社に任せているケースがよくあります。

dockerによるコンテナの構築やaws上へのデプロイなどを運用代行に任せられたら助かると考える人もいるでしょう。少なくとも最初に環境を構築する段階を代行してもらい、デプロイの方法などをレクチャーしてもらえると良いと思うかもしれません。

ただ、一般的な運用代行会社ではdockerの利用まではカバーしていないことが多いので注意しましょう。コンテナサービスやawsの利用に強みを持っているサーバー系のITコンサルタントであれば対応できる可能性が高いので、このような悩みを持ったときにはコンサルタントを探しましょう。

ハンズオンで対応してくれるコンサルタントを見つけ出すことができればdockerの構築もawsへのデプロイも現場で実行してもらえます。フリーランスのITコンサルタントは比較的安価な費用で利用できるので、コスト削減を重視したいときには適しています。

総合的な提案力やサービス力の高さを重視するならITコンサルティングファームに相談しましょう。費用対効果がどのくらい上がるかは現場の状況によって異なるため、どのくらいコンサルタントに運用を任せたいかによって決めるのが大切です。

既存サーバーがあるときや将来的にサーバーを拡張するときにはawsの運用でdockerを使おう

awsではdockerを利用して運用するのが必須ではありません。ただ、既存サーバーと共存させたり、将来的にサーバーを拡張する予定があったりする場合にはdockerを使った方がスムーズです。他にもコンテナサービスはあるのでawsの運用にdockerがベストかどうかは吟味する必要があります。

また、運用代行サービスに任せるのは難しいので気を付けましょう。

「awsの運用にはツールがあれば十分なのか」